不動産投資信託で経営不要|ラクチン投資法

つみき

投資環境は整っています

婦人

不動産投資の魅力の一つは税務面であって、減価償却費は現金の支出がなくても経費として認められます。東京およびその周辺地域では、住居も事務所などの事業所も需給関係が不動産投資に適した状況にあると言えます。

安定的な不動産投資

紳士

マンション経営を行う場合には、経営者として判断しなければならない場合があります。ただ、投資利回りよりも事業の安定性を重視すれば、人気の高い物件を選ぶことになりますので、経営者としての判断は軽くなります。

魅力は長期間続きます

積み木

高い賃貸需要があります

投資マンションを購入するのであれば、東京の都市部という条件は決して外してはいけません。なぜならば、東京の都市部とそれ以外の地域では、賃貸需要が圧倒的に違うからです。投資マンションでの運用で、一番注意をしなければならないのは稼働率です。高い稼働率をキープするためには、賃借人に退室されても、次の入居者がすぐに決まるということがとても重要になってきます。これを実現するためには、高い賃貸需要が必要なのです。高い賃貸需要の裏付けは人口の増加となります。全国で人口の減少が始まっている中、東京の都市部は今後も緩やかに人口が増えていくことが予想されています。そのため、東京の都市部というキーワードは投資マンションを購入するうえで外すことができないのです。

旅行客が増えています

東京の魅力はこれからもどんどん増していきます。現在は、2020年に開催される大きなスポーツイベントに向けて着々と都市整備が行われています。この過程で、巨大オフィスビルが建設されたり、新駅が建設されたりしています。利便性が増せば、さらに人口が増えます。人口が増えれば賃貸需要も強くなります。東京の発展は2020年までと一部で囁かれていますが、それ以後も大きく発展する可能性があります。なぜならば、外国人旅行者が増えているからです。数年前までは1000万人を切っていた外国人旅行客が直近1年では2000万人を超えています。旅行者が増え、旅行者を受け入れる宿泊施設や商業施設で働く人がさらに増えれば、賃貸需要も高水準をキープし、投資マンションの価値も高止まりします。また、投資マンションを購入して不動産経営をする方法もありますが、中には不動産投資信託というものもあります。不動産投資信託では、例えばデパートなどの施設を空き地などに建設するのですが興味があればお金を支払います。ただ支払うのではなく、これも投資方法になっていて利益があれば分配金を受け取ることができるようになっているのです。不動産経営をするとなると色々なことをしなくてはならないのですが、不動産投資信託であれば投資をするだけになっているので初心者でも始めやすいと考えられます。

会社を畳む時の税金問題

つみき

会社を畳む時に気をつけたいのは税金の問題です。自社所有の不動産を売却すると多額の税金がかかります。それよりも企業買収の方がメリットがあります。株式を売って経営権を引き渡せば、不動産はそのまま移転できます。また株式を売った売却益を得ることもできるのです。企業買収をするならM&A専門の会社に依頼します。