不動産投資信託で経営不要|ラクチン投資法

男性

安定的な不動産投資

紳士

経営者としての判断

不動産賃貸によって収入を得る場合には、経営者として安定的に収入を得ることができるように入居者を確保することが重要な仕事になります。どんなに立派な建物を建てても入居者が入らなければ、1円のお金も生み出すことはありません。アパート経営にしてもマンション経営にしても、入居者が入らなければ収入を得ることはできません。マンション経営を素人が行うのは簡単ではありませんので、結果としては委託業者に任せることになりますが、重要な判断は経営者が行う必要があります。入居者が入り、家賃収入を得ている間は特に判断すべきことはありませんが、退去者が出た場合には、どうやって新しい入居者を集めるか経営者として決めなければなりません。

事業の安定性を重視

マンション経営を行う場合には、どのような物件を選ぶかがポイントになります。人気の高い物件はそれだけリスクが低くなりますが、その分だけ物件の価格が上がるため、投資利回りは下がってしまいます。逆に、あまり人気のない物件であれば、空室になるリスクがあるものの物件そのものの価格は低くなるため、投資利回りは高くなります。マンション経営は安定的な収益を求めるためのものですから、投資利回りばかりにとらわれずに、人気の高い物件を選ぶ方が確実です。人気の高い物件であれば、退去者が出る可能性も低くなりますし、仮に退去者が出たとしても新しい入居者を集めることは比較的簡単です。入居者募集のために再投資する必要もありません。