不動産投資信託で経営不要|ラクチン投資法

男性

投資環境は整っています

婦人

税務のメリットがあります

マイナス金利の影響で金融資産への投資の魅力が低下しており、不動産投資の人気が高まっています。不動産投資は高い利回りが期待できる反面、リスクも伴いますが、安定した賃料が確保できれば魅力的な投資であると言えます。その理由の一つが不動産投資における税務面のメリットです。建物の減価償却を不動産収入の経費として処理できるのです。現金の支出を伴わない経費ですので、節税効果があります。不動産投資において減価償却に関する税務は重要です。安定した賃貸収入が得られても、課税によって最終的な投資利回りが低下したのでは意味がありません。リスクに見合った利回りを確保して投資のメリットを得るためには税務面は重要であると言えます。

需給関係は良化しています

不動産投資で重要なことは安定した賃料収入が得られることです。その点では現在の環境は恵まれています。特に、東京を中心とした関東経済圏では賃貸における需給関係は需要が上回っています。東京オリンピックを控えて、都内および周辺の不動産市況は活性化しています。不動産の価格は上昇傾向にあって、賃料も上がっています。不動産投資を検討している投資家にとっては良好な環境にあると言えます。長期的な投資を検討している投資家もいますが、金融資産への投資と同様に短期的な投資を検討している投資家にとっても最適な環境です。居住物件であっても、事務所などの事業用物件であっても、不動産投資をするには良好な需給関係にあると言えます。